Quuun(クゥーン)
日本最大級のペットメディア - ずっと君と一緒に生きてゆく。

 
TOP > Fun! – おもしろ情報 > How to > 猫のお尻に潜む… 気を付けたい病気とは?

猫のお尻に潜む… 気を付けたい病気とは?

お尻の病気

 

 

愛猫の好きな部位は何処ですか?

 

お尻が一番好き♪

 

という飼い主さん、多いのではないでしょうか!

 

 

実はそんな可愛い猫ちゃんのお尻周りで、よく見られる病気があるのです。

 

猫のお尻の病気について、注目したことはありますか?

 

お尻の病気は見落としがちな病気のひとつでもあります。

 

 

以前紹介したとおり、猫ちゃんにとってお尻は気持ちを表現するとても重要な部位。

 

そんな大切なお尻・・・健康で綺麗に保ってあげたいですよね!

 

お尻の病気を知って、対策してあげましょう!

 

 

 

肛門のう炎

 

 

愛猫のお尻が臭うようになった・汚れていることが増えた

 

と感じるようになった場合、『肛門のう炎』の可能性があります!

 

 

『肛門のう炎』になると、お尻周りのニオイがうんちとは違う悪臭を放つようになります。

 

猫は基本的に、排便時に便と共に分泌物を出します。

 

肛門腺という肛門の周りにある袋の中に分泌物が溜まっており、排便時に力むことによって、便と共にその分泌物は排出されていきます。

 

しかし、それがうまく排出されず肛門腺に溜まってしまうと、炎症を起こして細菌感染してしまうことがあるのです!

 

それが『肛門のう炎』です。

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 呼んだ〜⁉️ . 振り返るまろん君 . @editorial_company.pad 様の #ネコケツ写真集 に応募します💕 . #猫のおちり #猫のお尻.

まろママ(@maromama.cat)がシェアした投稿 –

 

 

 

皮膚炎

 

 

愛猫のお尻の毛、剥げてませんか!?

 

 

実はこれ、猫ちゃんによく見られる症状なのです。

 

これは『皮膚炎』の症状なのですが、お尻に限らずその他の部位でも発症します。

 

脱毛だけでなくかぶれや湿疹なども引き起こし、かゆみや痛みを伴っている場合が多いようです。

 

 

猫はストレスを感じやすい生き物です。

 

そのストレスを何とか紛らわせようとする時・・・猫は『自分の体を舐める』という行動に出ます。

 

この行動、少しでしたら問題はありません!

 

『し過ぎる』ことに問題があるのです。

 

また、先程紹介した肛門のう炎を発症してしまった猫にも多く見られる行動で、二つの病気を合併してしまうというケースが多くみられています。

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 新しいハウス 物色中 . #猫#ねこ#お尻#猫のお尻 #にゃんこ#猫好き #ちいちゃんのお尻 #必死すぎるちいちゃん

ebisawa hirono(@kamameshi_ebizo)がシェアした投稿 –

 

 

 

スタッドテイル

 

 

シャンプーした後なのに、しっぽの付け根がベトついている?

なんだか黒ずんでいる気がする・・・。

 

と気になっている飼い主さんはいませんか?

 

 

これは『スタッドテイル』という病気に見られる症状なのですが、必ず治療が必要というわけではありません。

 

べたつき、臭いの原因は『皮脂汚れ』にあります。

 

この皮脂のニオイは、猫にとって『自分を主張するための手段』でもあるのです!

 

スタッドテイルは去勢前のオス猫に多く見られる病気ですが、上記の理由から、この症状が必ずしも猫ちゃんに悪影響を及ぼしているわけではないのです。

 

愛猫自身がさほど気にしていなかったり、患部に炎症等が見られない場合は、様子を見るだけで大丈夫でしょう。

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

【応募用です】 こむぎちゃん、カーテンによじ登ろうとしてます😊お尻尾ピーンと短い足が可愛いーー😍💕 . . #ネコケツ写真集 @editorial_company.pad . . #おちり #猫のお尻 #こねこ #子猫 #仔猫 #こねこ部 #こねこすたぐらむ #ねこすたぐらむ #ねこ #ねこ部 #ねこら部 #にゃんすたぐらむ #にゃんこ #ちゃとら #茶トラ #茶トラ女子部 #茶トラ部

megusan1126(@megumicci_t)がシェアした投稿 –

 

 

 

お尻のケア

 

 

このように、可愛い猫ちゃんのお尻に発症する病気は意外と多いのです。

 

これ以外にも人間にもありがちな『痔』になってしまう猫ちゃんもいます!

 

 

これらお尻の病気も、早期発見が大切です。

 

日頃から、特に排便時には注意をして、お尻のチェックをしてあげましょう!

 

肛門腺に分泌物が溜まっているようなら、肛門腺絞りをするのも一つの手です。

また、愛猫がお尻をとても気にしていたり、触ってすぐにわかるほど肛門腺の袋が硬く大きくなってしまっている場合は、早めに病院に連れて行ってあげましょう!

 

皮膚炎に関しては、何よりも清潔に保つこと、そしてストレスの原因を取り除いてあげることが大切です。

 

 

日頃から愛猫の行動をよく観察してあげることも飼い主さんの務め!

 

健康を守ってあげましょう♪

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

. ご飯時に失礼します🍑❤️ #たまらん#おちり#猫のお尻 #どあっぷ#もふもふ#まんまる#もこもこ #探し物#頑張ってる#かわいすぎ#癒し #猫#ねこ#にゃんこ#セルカークレックス #むぅ #ねこのきもち#フェリシモ猫部#ペコねこ部 #2歳になったよ#貫禄たっぷり #こんがり#揚げたて#ジューシー #cat#selkirkrex#muu#boy ソファーの隙間にいい物みっけ🎶

🐾latte ღ muu🐾(@latte_muu)がシェアした投稿 –

 

 

 

あなたにとって最適なトリミングサロンとは!?
2021.10.22
こんなに違うの?ダックスフンドとの相性は毛質でわかる!
2021.10.22
胴長短足犬!ダンディ・ディンモントテリア
2021.10.22
テリア界の貴公子!?ワイアー・フォックス・テリア
2021.10.21
ワンちゃんが苦手な人ってどんな人?~服装・アイテム~
2021.10.21
愛犬に洋服は必要?メリット・デメリット
2021.10.21
Quuun公式
Instagram
Quuun公式
Twitter

TOP