Quuun(クゥーン)
日本最大級のペットメディア - ずっと君と一緒に生きてゆく。

 
TOP > Fun! – おもしろ情報 > How to > 何よりも早期発見が大切?! なりやすい猫の目の病気とは?

何よりも早期発見が大切?! なりやすい猫の目の病気とは?

猫と眼の病気

 

 

猫に限らず、どの生き物にとっても『眼』はとても繊細な部分ですよね。

 

繊細故に、些細な衝撃や菌によって炎症を起こしたり傷つけてしまうなど、病気になりやすい箇所でもあります。

 

眼の病気は、何よりも早期発見が肝心です。

 

早く治療できれば治るものも、発見や、まだ大丈夫だろうという油断から治療が遅れると、

 

最悪の場合失明してしまうかもしれません・・・。

 

 

そうならないよう、猫のなりやすい病気をきちんと知り早期発見に努めましょう!

 

 

 

結膜炎

 

 

最も多くの猫がかかっていると言われている眼の病気が、『結膜炎』です。

 

 

結膜とは、まぶたの内側にある赤い部分。

 

この結膜が何らかのウイルスによって炎症を起こしてしまうと、充血したり、黄色い目ヤニが多く出て目の周りに固まったりと言った症状が出ます。

 

結膜炎の原因はさまざまですが、多くが猫風邪という感染症が原因で結膜炎を引き起こしているようです。

 

特に保護猫などは、引き取る前、既に感染症にかかってしまっている可能性があります!

 

 

また、結膜炎は『角膜炎』を併発してしまうことがあり、炎症が広がってしまうことも多いので注意が必要です。

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

あん(MIYUKI OKAMURA)(@ann.miyuki)がシェアした投稿

 

 

 

角膜炎

 

 

先程お話しした『結膜』と今回お話する『角膜』は、隣同士に位置しています。

 

結膜炎が進行してしまうと、隣の角膜も影響を受け、角膜炎を併発してしまうのです。

 

 

角膜は、眼の表面を覆っている組織。

 

そのため、一番傷つけてしまいやすい部分でもあります。

 

眼をついつい擦ってしまい爪で傷をつけてしまったり、何かに眼をぶつけた衝撃でもすぐに傷ついてしまいます。

 

そしてその傷が原因となり、角膜炎を引き起こしてしまうのです。

 

多頭飼いをしていたり外に出して飼っているなど、他の動物との関わりが多ければ多いほど角膜炎になる可能性は高まります!

 

 

角膜炎は、痛みが強い病気です。

 

動物は痛みを伝えることが苦手ですよね・・・。

 

野生時代の名残として、痛みを表す=弱みを見せることはダメだと思っているからです。

 

ですので、飼い主さんが少しの変化も見逃さないように気をつけてあげましょう!

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@tone.colorがシェアした投稿

 

 

 

アイコンタクト

 

 

眼は、それ以外の病気のサインが現れるところでもあります。

 

例えば、結膜が白っぽい場合は貧血の恐れがあります。

 

また、白目の色や黒目の動きが肝臓疾患のサインになっていたり、脳や神経疾患のサインだというケースもあります。

 

愛猫が健康な時から、常に眼のチェックを怠らないようにしましょう!

 

 

そこで、毎日無理なく愛猫の眼のチェックが出来る方法がありますので、ご紹介します。

 

おやつや遊びの時に、愛猫がこちらじっと見つめるタイミングを逃さないようにすることです!

 

コミュニケーションの一環としても、アイコンタクトはとても大切。

 

逸らさずきちんと向き合ってあげるようにしましょう!

 

 

アイコンタクトを習慣づけて、愛猫の健康を守りましょうね!

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

kuro_kidney(@kuro_kidney)がシェアした投稿

 

 

 

あなたにとって最適なトリミングサロンとは!?
2021.10.22
ワンちゃんが苦手な人ってどんな人?~服装・アイテム~
2021.10.21
愛犬に洋服は必要?メリット・デメリット
2021.10.21
『甘やかし』と『厳しいしつけ』は正しいのか?
2021.10.20
ひとつは持っておきたい!クレートの重要性
2021.10.20
凄すぎる猫の柔軟性!その理由とは?
2021.10.19
Quuun公式
Instagram
Quuun公式
Twitter

TOP