Quuun(クゥーン)
日本最大級のペットメディア - ずっと君と一緒に生きてゆく。

 
TOP > Fun! – おもしろ情報 > How to > 愛犬のため? 去勢手術について考える

愛犬のため? 去勢手術について考える

する・しない理由

 

 

前回はメスの避妊手術のメリット・デメリットについてお話しました。

 

去勢手術はオスがする手術ですが・・・

 

皆さんが去勢手術をする理由・しない理由・迷っている理由は何でしょう?

 

「愛犬がかわいそうになってしまう…」

 

「去勢手術をすると性格まで変わるの!?」

 

などなど、さまざまな考えがあるはずです。

 

 

愛犬の大切な身体のことです。

 

安易に決断することのないように慎重に考えたいですよね。

 

今回はそんなオスの去勢手術について考えていきます!

 

少しでも参考にしていただけたら幸いです♪

 

 

 

去勢手術とは

 

 

去勢手術とは、オスの左右の精巣を取り除き、生殖能力をなくすことを指します。

 

メスの不妊手術と同様年齢に制限はなく、健康で全身麻酔と手術に耐えられればいくつになっても行うことは可能です。

 

 

去勢手術を行う場合は、事前に検査を行います!

 

この時、手術に耐えられる体力の有無だけでなく、持病についても詳しく調べて医師と相談する形となります。

 

持病がある場合は、全身麻酔による去勢手術をするリスクと去勢手術をした時のメリットを比較して、

 

かかりつけの医師とよく相談してから決めると良いでしょう!

 

 

手術自体は、メスの避妊手術と比べると切る範囲が狭く、所要時間も費用も少なく済むことが多いようです!

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sachi.(@h.h.haha859)がシェアした投稿

 

 

 

する理由

 

 

実際に去勢手術を受けさせた飼い主さんは、どのようにして決断したのでしょうか?

 

 

多くの飼い主さんを悩ませるオスの困った行動が『マーキング』という行為です。

 

マーキングとは、自らの縄張りや強さアピールのために匂い付けをする行為で、おしっこを家の中であってもそこらじゅうにしてしまいます。

 

これは本当に困りますよね・・・。

 

拭いても拭いても間に合わず、臭いが染みついてしまうことも。

 

去勢手術をするとマーキング行為が治まるケースが多いので、マーキング対策として去勢手術を考えるという飼い主さんもいるようです。

 

 

また、生殖器系の病気の予防のために手術を決断する飼い主さんも多くいます。

 

精巣腫瘍や前立腺肥大など。

 

また、片方の睾丸が下りてこずお腹の中にとどまってしまっているケースを停留睾丸と言いますが、お腹の中にとどまった睾丸が加齢とともにガン化してしまうリスクが高まると言われています。

 

若い時に睾丸がしっかりと下りてきていないということがわかったら、すぐにかかりつけの医師に相談することをおすすめします!

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

♡Oreo♡ Maltese(@oreo_maltese1003)がシェアした投稿

 

 

 

しない理由

 

 

では、去勢手術をしないと考えている飼い主さんは、なぜしないという決断をしたのでしょうか?

 

 

一番多いのが「何も問題がないから」という理由です。

 

何も問題がないのに手術をする必要があるのかという考え方ですね!

 

また、愛犬に持病があるためしないという飼い主さんもいます。

 

例えば、小型犬や短頭種に多い気管虚脱という病気です。

 

太っていたり鼻が短いと気管が狭まりつぶれてしまいやすく、運動時に「ブヒッブヒッ」と苦しそうになってしまう子はその可能性が高いです。

 

 

その他、去勢手術後はホルモンの関係で太りやすくなるといったデータが出ています。

 

肥満になると関節の病気にとても悪い影響を与えます。

 

体重が増えて関節に負担をかけてしまう恐れがあるため去勢手術をしない、という飼い主さんも中にはいるのです。

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

yumi takeuchi(@ne_mi_yumitake)がシェアした投稿

 

 

 

愛犬のために

 

 

病気を予防するために去勢手術をするのか。

 

病気のために去勢手術をしないのか。

 

飼い主としてのそれぞれの決断があります。

 

 

中には、成犬になって興奮しやすく気が強くなってしまった愛犬を落ち着かせたいので去勢手術を考えるといった飼い主さんもいます。

 

縄張り意識が弱まるため、自己主張も弱まり大人しくなる場合もありますが、必ずしも性格が大人しくなるというわけではないので注意しましょう!

 

 

このように、去勢手術をするもしないもその子その子の健康状態や飼い主さんの考え方によって決断が変わってきます。

 

愛犬のためにどのような選択をするのが正しいのか、飼い主としてきちんと考えたうえで決断しましょう!

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ウィル(@will_lab_haru)がシェアした投稿

 

 

 

川遊びで感染!?レストスピラ菌に気をつけて!
2021.06.16
愛犬とお出かけ♪~飛行機編~
2021.06.15
燃えてきた!しつけトレーニングをやる気にさせる方法
2021.06.04
あの犬種も!? ライオンカットが似合うのはポメだけじゃない!
2021.06.04
猫ちゃんの多頭飼い!みんなが幸せになれる方法とは!?
2021.06.04
楽しいレッスン♪愛犬に泳ぎをマスターさせてみよう!
2021.06.03
Quuun公式
Instagram
Quuun公式
Twitter

TOP