Quuun(クゥーン)
日本最大級のペットメディア - ずっと君と一緒に生きてゆく。

 
TOP > Fun! – おもしろ情報 > How to > 大変な猫ちゃんのお家シャンプー!そのコツとは!?

大変な猫ちゃんのお家シャンプー!そのコツとは!?

嫌がって大変!

 

 

猫ちゃんがシャンプーを嫌がるのは、水が苦手だからというのが一番の理由でしょう。

 

猫のルーツも関係していて、水が得意な子は稀なのです。

 

 

ですが、シャンプーをするということには多くのメリットが存在します!

 

抜け毛をきちんと取り除くことが出来るので、猫ちゃんが毛づくろいで毛を飲み込み過ぎてしまうことが減りますし、被毛やその下の皮膚を清潔に保つことで皮膚トラブルを軽減することも出来ます。

 

 

猫ちゃんを飼っているなら、一度はお家シャンプーを試したことがあるのではないでしょうか?

 

きちんとコツをつかんで、飼い主さんも愛猫もストレスなくシャンプー出来るようになりましょう!

 

 

 

注意点

 

 

おうちシャンプーは、愛猫の様子を見ながら無理のないように進めることがポイントです!

 

先程も少し触れたように、猫ちゃんは基本的に水が苦手です。

 

状況によっては、あまりのストレスでパニック状態になってしまうことも!

 

また、舌が紫になる『チアノーゼ』の症状が出たりなど愛猫の様子がいつもとあまりにも違い過ぎるなと思った時は、一時中断したりその日は諦めるなどの判断も必要です。

 

 

どうしても水が苦手な猫ちゃんや老猫には、水で洗い流さないシャンプーを使うのも一つの手です。

 

 

長毛種のような時間のかかりそうな猫ちゃんについては、無理せずトリミングサロンにお任せするのもいいでしょう。

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

azuki(@azukinkin)がシェアした投稿

 

 

 

おうちシャンプー

 

 

猫ちゃんのシャンプーをする時は、事前に愛猫の爪をきちんと切っておきましょう。

 

水を嫌がって腕によじ登ってくる場合があるので、爪を切り忘れていると飼い主さんが怪我をしてしまいます。

 

同じ理由で、出来れば長袖を着用するようにしましょう!

 

 

愛猫の健康状態を確認し、問題がなければシャンプースタート♪

 

熱過ぎないようにぬるま湯に設定して、お尻から濡らしていきましょう。

 

猫ちゃんの中にはシャワーの水圧や音を怖がる子もいますので、その場合大きめのスポンジを使って撫でるように流すことをオススメします。

 

 

濡らし終わったら、泡を立てる用の別のスポンジを用意して、背中から洗っていきます。

 

毛に泡をなじませながら、皮膚までしっかり洗ってあげましょう。

 

濯ぎは、なるべく音がたたないよう静かにお湯をかけてある程度流します。

 

濯ぎ切れなかった部分は、スポンジにぬるま湯を含ませて押し当てる形で絞り、すべての泡をしっかりと流します。

 

長毛種の場合は、シャンプーに加えリンスをつけて被毛の指通りを良くしてあげましょう!

 

 

また、お家シャンプーでは顔まで洗う必要はありません。

 

顔はぬるま湯で濡らし硬く絞ったタオルで拭いてあげるだけで大丈夫です♪

 

 

洗い終わりましたら、最後に水気を取ります。

 

ある程度手で絞り、その後吸水タオルを使用して出来る限り水分を取ってあげましょう。

 

そして大きめのタオルで包み込むようにして、さらによく拭いてあげましょう。

 

 

短毛種の場合は、夏などの気温の高い季節を除き、必ずドライヤーをして完全に乾かしてあげましょうね!

 

この時、ドライヤーを愛猫に近づけすぎないよう注意するように。

 

また、音や風量にも気をつけて、最初は弱の設定で必ず猫の後方から風を当てるようにしましょう!

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

るーちゃん(@macha0514)がシェアした投稿

 

 

 

状態を把握して

 

 

最初もお話しましたが、シャンプーはするメリットがたくさんあります!

 

被毛や皮膚を清潔に保つことが出来、抜け毛を取り除けるために毛づくろいで愛猫が毛を飲み込んでしまうことを減少させることが出来ます。

 

 

ですが猫ちゃんにとって、シャンプーは大なり小なりストレスを感じるもの。

 

嫌がっているのに無理矢理してしまうと、飼い主さんとの信頼関係や絆に亀裂が入ってしまいます。

 

最悪な場合、『飼い主さんに捕まると嫌なことをされる』とインプットされ近づけなくなることも!

 

 

そうならないよう、きちんと愛猫の性格やその日の健康状態を把握してから、おうちシャンプーを検討するようにしましょう。

 

また、身体に触られることや水に触れることについて、子猫から徐々に慣らしておくことをオススメします。

 

 

おうちシャンプーは『細かいことに拘りすぎない』ということも大切なポイントです!

 

途中であっても愛猫の様子によっては中断をしたり、愛猫の負担を少しでも軽くするよう素早く進めてあげたりしましょう!

 

 

すべては愛猫のために・・・身体を清潔に保てるよう、頑張りましょう!

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

にゃん子ん家(@nyankonchi2525)がシェアした投稿

 

 

 

タイミング間違えていませんか!?しつけのポイント解説!
2020.10.24
無関係な猫はいない!?恐ろしい寄生虫から愛猫を守る方法!
2020.10.24
原因は飼い主さん!?愛猫にストレスを与える行動とは?
2020.10.23
やっぱり女の子がいい!?メス猫の魅力に迫る♪
2020.10.23
アニマルセラピー
2020.10.22
やっぱり男の子がいい!?オス猫の魅力に迫る♪
2020.10.22
Quuun公式
Instagram
Quuun公式
Twitter

TOP