最も罹りやすい病気!? ワンちゃんの外耳炎について - Quuun(クーン)|日本最大級のペットメディア

最も罹りやすい病気!? ワンちゃんの外耳炎について
Quuun(クーン)|日本最大級のペットメディア > Fun! > How to > 最も罹りやすい病気!? ワンちゃんの外耳炎について

軽く考えないで!外耳炎!

 

 

みなさんは外耳炎、ご存知ですか?

 

 

外耳炎とは、簡単に言いますと『耳の中の皮膚トラブル』です。

 

耳の中の皮膚が弱り、細菌などによって炎症を起こしてしまう病気です。

 

 

暖かい季節になると細菌が繁殖しやすくなり、その影響で外耳炎になってしまうワンちゃんは一気に増えます!

 

ですが、知識がないためになかなか気づかない飼い主さんもいるのです。

 

 

 

「少し耳がかゆいだけでしょ?」

 

なんて軽く考えず、愛犬の異変をいち早く察知してきちんと治療をしてあげましょう!

 

早期発見が、早く治すための一番の近道ですよ!

 

 

 

外耳炎の症状とは?

 

 

外耳炎になると、ワンちゃんたちはどのような仕草を見せるのでしょうか?

 

 

 

耳をかゆがる耳の中が腫れている耳の中が赤い耳の中が臭うなど・・・

 

愛犬の耳をチェックする習慣が出来ていると、こういった異変ですぐに外耳炎を疑うことが出来ます。

 

 

また、頭をよく振る頭を傾けている・(立ち耳のワンちゃんの場合)耳が垂れてきている耳を触るのを嫌がる・・・などの行動をするようになる子もいます。

 

 

耳の中をチェックしなくても、普段の仕草に変化が出てくるので、知識さえあれば割と気づきやすい病気でもあります。

 

日頃から愛犬を注意深く見て、早期発見してあげるようにしましょう!

 

 

 

治療は、薬を飲めばすぐ治る!というわけではありません。

 

根気よく耳のお手入れをして、地道に…時間をかけて治していくしかないのです。

 

 

 

 

 

 

ワンちゃんの耳の中

 

 

ワンちゃんの耳の中は、人間とは少し違います。

 

外耳炎になりやすい原因は、外耳道の形にありました!

 

 

 

人間の外耳道はまっすぐな形状をしているため、比較的通気性がよく、蒸れにくいです。

 

そして耳カスなどをあまり溜めずに排出することが出来ます。

 

 

一方で、ワンちゃんの外耳道は”L字”に曲がっています。

 

 

これはとても厄介なもので、耳カスを自然に排出出来ず、耳の中に溜めてしまいます。

 

蒸れやすいため細菌が繁殖しやすく、炎症を起こしてしまうのです!

 

 

 

どのワンちゃんもみんなそうなのですが、特になりやすい犬種がいます。

 

 

まず、耳が垂れている犬種

 

より耳の中が蒸れやすいのと、耳の中をチェックし辛いという点から、外耳炎になりやすいワンちゃんです。

 

 

次になりやすいのは、皮膚が弱い犬種です。

 

耳の中も顔や身体と繋がっている皮膚の一部ですので、皮膚がもともと弱いワンちゃんは、外耳炎になりやすいのです。

 

 

 

 

 

 

治療はどんなふうにするの?

 

 

外耳炎の治療は、根気が必要です。

 

 

最も効果的なのは、お医者さんの指導のもとにする耳洗浄です!

 

 

先程もお話した通り、ワンちゃんの外耳道はL字なので、綿棒が奥まで行き届きません。

 

ですので、お医者さんに耳専用の洗浄液を処方してもらい、それでお手入れをしてあげましょう!

 

奥まできちんとキレイにしてあげることが出来ます!

 

 

また耳洗浄には、もう一つメリットがあります!

 

皮膚が弱っている子の場合、刺激を与えるとさらに悪化してしまう恐れがあります。

 

洗浄液だと刺激を与えずに済むのです!

 

皮膚の弱い子に対して、くれぐれも無理にこすったりしないように注意しましょうね。

 

 

 

また、「耳に液体を流し入れて本当に大丈夫なの!?」と心配になっている飼い主さん!

 

大丈夫です!

 

耳専用の洗浄液であればむしろ効果的ですので、怖がらずにやってみましょう!

 

 

 

しかし耳はとても敏感な場所なので、お掃除を嫌がるワンちゃんがほとんどです。

 

無理に押さえつけずワンちゃんをリラックスさせてから行う、洗浄液を人肌くらいまで温める、など・・・工夫をして行うようにしましょう!

 

 

 

 

 

 

外耳炎を未然に防ぐために

 

 

他の病気より、軽く考えてしまいがちな外耳炎。

 

ですが、愛犬にとっては相当なストレスになっているかも…!

 

酷いかゆみにストレスを感じる、それは人間も同じですよね!?

 

 

また、外耳炎になってしまったワンちゃんの耳は、特殊なきつい臭いがします。

 

 

そうならないようにするためにも、日頃のお手入れは重要です!

 

 

耳のお掃除はこまめにしてあげるようにしましょう!

 

その際、傷つけないように優しくするのがポイントです。

 

傷つけてしまうとそこから細菌が繁殖したり、愛犬が耳掃除を嫌がるようになってしまったりします。

 

 

 

また、耳を蒸れさせない対策として、お風呂に入れた後は必ず乾拭きをしてあげるようにしましょう。

 

耳の中に毛が生えてくるワンちゃんは、定期的に耳の中の毛を抜いてあげる必要もあります!

 

 

 

ワンちゃんがなりやすい外耳炎。

 

SOSの仕草を見逃さずに、いち早く気づいてあげましょうね!

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧
サッパリお手入れ楽ちん♪ 足先バリカンのメリット・デメリット!
2019.10.26
足先バリカンってなに?   みなさん、足先バリカンって知っていますか?   足先バリカンと
愛犬のわがまま度診断 ~おいで編~
2019.10.18
本当にわがまま?     あなたの愛犬は『おいで』ができますか?    
Let`s コミュニケーション♪ 愛犬が安心する抱き方をご紹介!
2019.11.18
抱っこが好きな子・嫌いな子     犬種やサイズにもよりますが、愛犬を抱っこすることはよく