Quuun(クゥーン)
日本最大級のペットメディア - ずっと君と一緒に生きてゆく。

 
TOP > Fun! – おもしろ情報 > How to > 歯磨きは重要!? 愛犬に迫る歯周病の恐ろしさ…!

歯磨きは重要!? 愛犬に迫る歯周病の恐ろしさ…!

歯磨きの重要性

 

 

忘れてしまいがちな愛犬の歯磨き。

 

爪切りや耳掃除などのトリミングに定期的に出していれば毎日しなくても大丈夫なお手入ればかり気にして、毎日必要な歯磨きをつい忘れてしまう・・・なんてことはありませんか?

 

実はその歯磨きが、一番重要なお手入れかも!?

 

 

ワンちゃんも人間同様、歯周病になります。

 

歯周病はとても厄介な病気です。

 

愛犬を歯周病から守るために、私たち飼い主はどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

 

 

今回は、歯磨きの重要性と歯周病の恐ろしさについて見ていきましょう!

 

 

 

歯周病とは

 

 

歯周病の症状は、人間もワンちゃんも同じです。

 

溜まった歯垢中の成分が悪さをし、歯茎や歯自体に炎症を起こしてしまうのです。

 

これを放置するとさらに深刻化し、歯が抜けてしまいます。

 

 

歯周病の怖いところは、細菌がどんどん浸食して最悪な場合周囲の骨までとかし、小型犬など下あごの小さい犬種は骨折してしまうこともあるというところです。

 

そして血液中にまで入り込み、血液に乗って心臓や肝臓にまで被害を及ぼします。

 

また、ワンちゃんは鼻と口を隔てる壁が薄いため、細菌のせいでそこに穴が開いてしまうこともあるそうです!

 

なかなか気づくことが出来ず、鼻血が出て初めて気づくという飼い主さんもいます。

 

 

このように、歯周病は、時間が経つにつれて深刻化してしまう大変怖い病気なのです。

 

特にワンちゃんは進行具合が分かりづらいため、注意してあげなければなりません。

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Puppies House MISAKI(@puppies_house_misaki)がシェアした投稿

 

 

 

なかなか出来ない

 

 

そんな大変な病気から愛犬を守るためにも、ちゃんと歯磨きをしてあげたい!

 

でも、嫌がってなかなかさせてくれない・・・!

 

そんな時は、どうすればいいのでしょうか?

 

 

本来子犬の時期から習慣づけて、『やって当たり前のこと』と認識させるべきなのですが・・・成犬になっている子を子犬には戻せませんよね。

 

成犬の子は子犬の時期の習慣づけよりもかなり長い時間を要しますが、習慣づくまで頑張るしかないです。

 

『根気強く少しずつ』をモットーに頑張るのみです!

 

 

子犬に教えるのと同じように、まずは歯磨き関係なく歯ブラシで口周りを触ることから始めましょう!

 

まずこれを嫌がらないようにしないと、次に進んでも上手く行きません。

 

これに慣れたら、今度は犬用の歯磨き粉のようなペーストを指に着けて口に入れましょう!

 

そして次は、歯磨きシートで歯を拭いていきます。

 

ここで歯ブラシ登場です!

 

一気に磨こうとはせず、一本ずつ丁寧に綺麗にしていきましょう。

 

 

この時、頬の内側にもぬるぬる成分が溜まっている場合がありますので、シート等で拭いてあげるのも効果的ですよ♪

 

なかなか歯磨きさせてくれない子に対しても、根気強く頑張りましょうね!

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

テリアス麻布店(@terries_azabu)がシェアした投稿

 

 

 

見える・見えない

 

 

歯垢が歯石になって張り付いてしまっている場合は、もう歯磨きでは対処できません。

 

歯石除去も選択肢にありますが、簡単な施術とはいえワンちゃんの場合は全身麻酔をしなければなりません。

 

愛犬の健康状態や年齢によっては、全身麻酔は必ずしも安全というわけではないので、信頼できる獣医さんに相談してみるといいでしょう。

 

 

歯石は目に見える場合と、見えない場合があります。

 

目に見える場合はすぐに気づくことが出来ますが、見えない場合、見た目は何ら変わらず綺麗な状態なのに、レントゲンで見ると中に細菌が侵食していて溶けてしまっているという場合もあるそうです。

 

 

このように危険な歯石。

 

予防法は、毎日の歯磨きしかありません!

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

✽mami✽(@trimmer_mami)がシェアした投稿

 

 

 

心配し過ぎが丁度良い

 

 

何事においても『し過ぎ』はよくないイメージがありますが、歯周病対策に関してはし過ぎなくらいが丁度いいのです!

 

 

歯周病は、骨を溶かします。

 

なってしまってからでは、もう遅いのです。

 

一度破損した部分は再生しません。

 

そうならないためにも『歯磨き』という予防を徹底するしかないのです。

 

 

上記でお話した以外にも、歯周病には恐ろしい症状がたくさんあります。

 

痛々しい愛犬の姿、見たくないですし、つらい思いをさせたくないですよね。

 

 

愛犬の口内が心配だという飼い主さん!今からでも遅いことはありません!

 

これ以上悪化させないためにも、病院にすぐに相談に行きましょう!

 

そして、大変だ面倒だと歯磨きから逃げず、頑張りましょう。

 

愛犬を恐ろしい歯周病から守れるのは、飼い主さんだけですよ!

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

きらそら日記(@kirara_1026)がシェアした投稿

 

 

 

ドッグフードはどうやって選んでる!? 変えた理由とは!
2020.12.05
青紫の舌!?チャウチャウってどんなワンちゃん?
2020.12.05
招き猫!?ジャパニーズボブテイルの魅力に迫る♪
2020.12.04
使い道はひとつじゃない!?犬用車椅子について
2020.12.04
個性抜群!芸能人と暮らすワンちゃんたちを紹介♬
2020.12.04
イタズラ?本能?愛犬の困った行動の理由とは!
2020.12.03
Quuun公式
Instagram
Quuun公式
Twitter

TOP