Quuun(クゥーン)
日本最大級のペットメディア - ずっと君と一緒に生きてゆく。

 
TOP > Fun! – おもしろ情報 > How to > 愛犬のわがまま度診断 ~おいで編~

愛犬のわがまま度診断 ~おいで編~

本当にわがまま?

 

 

あなたの愛犬は『おいで』ができますか?

 

 

おいでと呼んでも来ない!

 

それは愛犬のわがままなのか、そうではないのか・・・?

 

きちんと判断するのは難しいですが、おいでに関しては殆どがわがままではない可能性が!

 

 

『おいで』は、しつけの基本ですよね。

 

おいでが出来ているのといないのとでは、人間社会で生活していくうえでの安全性が全然違います。

 

 

もし、あなたの愛犬がおいでをマスター出来ていないのなら・・・

 

あなたが間違った行動をしているのかも!?

 

 

 

一貫性

 

 

一貫性のあるしつけ、出来ていますか?

 

気分で毎回曖昧なしつけをしている方、いるのではないでしょうか?

 

家族で飼っている場合、複数人で違った教え方をしているなんてことはありませんか?

 

 

しつけの基本は『一貫性』です。

 

 

「あれ?前と違ったことしてる…」

 

「お父さんは途中でやめてもご褒美をくれたけど、お母さんはダメって怒ってる…」

 

一貫性のないしつけは、愛犬を混乱させてしまいます。

 

結局何が正しいことなのか、わからないまま覚えてしまいます。

 

 

「おいで」という号令をかけていないのに来たからといってご褒美をあげたり、

 

逆にきちんと成功したのにあげなかったりするのは、今後のしつけを難しくしてしまいます。

 

 

愛犬が「おいで」という号令に迷っている場合・・・

 

もしかしたら、飼い主さんの教え方に問題があるのかもしれません!

 

 

 

表情・口調

 

 

ワンちゃんは、とても繊細です。

 

飼い主さんの表情や口調に、とても敏感なのです。

 

 

おいでを教えるのは、そう簡単な事ではありません。

 

特に子犬は、とにかく自由に動き回りたい時期!

 

甘えたいからと飼い主さんのところに自ら来ることはあっても、こちらのタイミングで来させるというのは大変なことです。

 

 

最初は出来なくて当然!焦らず教えていきましょう。

 

 

「おいでと言われたらいいことがある!」

 

「飼い主さんのところまで行ったら、飼い主さんが喜んでくれた!」

 

そう愛犬に思わせることの積み重ねが、愛犬を『おいでマスター』にしてくれるのです♪

 

 

愛犬がおいでをしても来てくれない時、あくびをしているというお悩みをよく聞きます。

 

これは、おいでと言われることにストレスを感じているのかもしれません・・・。

 

 

なぜストレスを感じているのか?

 

何度も繰り返すことはワンちゃんにとって左程ストレスではありません。

 

しかし、その時の飼い主さんの表情や口調が愛犬にとって怖い、もしくは嫌なイメージを与えてしまっていると、ワンちゃんはストレスを感じてしまいます。

 

 

教える時の表情や口調にも、注意しましょうね!

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

♡(@sayaka.tkr)がシェアした投稿

 

 

 

楽しく教える

 

 

真剣になりすぎてついつい怖い口調・表情になってしまうのなら、

 

愛犬も飼い主さんも楽しめるようなトレーニングにやり方を変えてみましょう♪

 

 

それは、かくれんぼでおいでを教える作戦です!

 

 

愛犬を待たせて、飼い主さんが隠れます。

 

「おいで!」と号令をかけ、愛犬は声を頼りに飼い主さんを探します。

 

見つけられたら、大げさに褒めてご褒美をあげましょう♪

 

これを繰り返すことで、「飼い主さんのところまで行くのがおいでなんだ!」とワンちゃんは覚えます!

 

 

人間もそうですが、辛い辛いと思いながら覚るよりも、楽しみながら覚えた方が早く習得できると思いませんか?

 

何のためのしつけなのか・・・。

 

二人の絆を深め、これからの生活をより良くするためのものなのですから、

 

お互いにストレスを溜めてしまうトレーニングの仕方は本末転倒です。

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

み(@mi_ramigon)がシェアした投稿

 

 

 

愛犬のために!

 

 

『おいで』が出来るのと出来ないのとでは、安全性が違うと最初にお話しました。

 

いつもは冷静な性格の子でも、知らない大きな物や音を見聞きした時、いつもどおり冷静に飼い主さんのそばにいられると思いますか?

 

お散歩中に突然首輪が外れたり壊れたりなどのハプニングが起きた時もそうです。

 

 

そんな時、『おいで』が出来ていると、一度はびっくりして離れても戻ってくることが出来ます!

 

愛犬を危険から守るのは、飼い主の義務です。

 

 

室内で『おいで』をマスターしたら、次は外でトレーニングしてみましょう!

 

まずは短い距離で、次は少し遠くから呼んで…といった風に、徐々に距離を伸ばしていきましょうね♪

 

かなり慣れてきたら、他人の迷惑にならないように配慮しながら、人混みのような普段とは違う環境下で練習しておくとなお良いでしょう!

 

 

おいでと言っても来ない場合は、多くがワンちゃんのわがままではなく、まだきちんと理解できていない状態なのです。

 

きちんと出来るようになるまで、楽しみながらトレーニングしましょう!

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukimam(@wankomarumaru)がシェアした投稿

 

 

 

噛み癖、どうしたらいいの? しつけのカギは幼犬期!
2020.12.02
勘違いしてるかも!?ワンちゃんの感情について!
2020.12.01
知ってますか?愛犬の排せつ事情!
2020.12.01
人間とワンちゃんの違い~口内事情~
2020.12.01
愛犬がインスタ映え!?簡単写真テクニックをご紹介♪
2020.11.30
大切なトイレトレーニング!ポイントを押さえて成功させよう♬
2020.11.30
Quuun公式
Instagram
Quuun公式
Twitter

TOP