Quuun(クゥーン)
日本最大級のペットメディア - ずっと君と一緒に生きてゆく。

 
TOP > Fun! – おもしろ情報 > How to > 届けこの気持ち! 愛犬と飼い主を繋げるボディランゲージ♪

ボディランゲージ

 

 

ワンちゃんは、私たち人間の言葉をどれだけ理解してくれているのでしょう?

 

彼らには彼らの言葉が存在していますが、私たちには理解することが出来ません。

 

 

しかし!言葉が通じなくてもコミュニケーションを取ることは可能なのです!

 

 

ワンちゃんは、私たちにいろいろなボディランゲージで気持ちを伝えようとしてくれています。

 

つい見逃してしまいがちなその仕草には、きちんと意味があるのです!

 

その気持ちを受け取りたい!!

 

気持ちを通わせてもっともっと絆を深めたい!!

 

愛犬たちが出しているサインを、逆に飼い主がしたら伝わるのでしょうか?

 

ワンちゃんのボディランゲージを学んで、試してみましょう♪

 

 

 

不安そうな時

 

 

ワンちゃんは、緊張していたり何か不安だななんて思っていたりする時、

 

『何回もあくびをする』『舌を出してペロペロ鼻をなめる』といった仕草をします!

 

よく見る仕草ではないでしょうか?

 

 

なんとか安心させてあげたい!

 

そんな時は、飼い主さんもまた『あくびをして見せる』というのが効果的です!

 

それは「緊張しなくて大丈夫だよ」というサインになります。

 

 

落ち着かせたいときには、愛犬に向かってあくびをしてみましょう♪

 

ワンちゃんは、自分の気持ちが伝わって返事をしてくれたのだと思い、嬉しくなって尻尾を振って笑顔になるそうですよ♪

 

 

他にも、飼い主さんが『わかりやすく笑顔を見せてあげる』ことでもワンちゃんの不安を取り除くことが出来ます!

 

ベタだなと感じた人も、ぜひ一度やってみてください♪

 

実は一番伝わりやすく、使えるボディランゲージなのです!

 

こちらが笑顔を作ることによって、愛犬に「大丈夫だよ」「楽しいよ」などといったポジティブな感情を伝えることが出来ます!

 

 

しつけの場面など、飼い主さんはついつい真剣になりすぎて真顔で接してしまいがちですが…、

 

あなたが表情を意識することによって愛犬はリラックスし、しつけの効果もグンと上げることが出来ますよ!

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Queau(@queau.soran)がシェアした投稿

 

 

 

しつけで大活躍

 

 

さて、しつけの際の表情について少し触れましたが、ここからはしつけに有効なボディランゲージについて見ていきましょう。

 

 

悪いことをしたら叱る、というしつけの仕方は、愛犬との信頼関係を崩してしまう恐れがあります。

 

しつけの基本は『良いことをした時にたくさん褒めてあげること』です!

 

しかし、そればっかりやっていてもうまくいかない時もあります・・・。

 

ダメな事はダメだと、伝えなければならない時もあるのです。

 

 

そんな時に使えるのが、完全無視と一緒に使うボディランゲージです!

 

 

例えば、子犬の時期の甘噛み!

 

家に来て間もない子犬と飼い主さんの間には、まだ信頼関係が完璧には築けていないのが普通です。

 

「甘噛みはいけないことだと伝えたい!」「でも、大きな声をだしたり、厳しい顔をして怖がられてしまったら…。」

 

と躊躇している飼い主さん!

 

思いっきり大げさに、『ぐるっと背中を向けて』ください!

 

ワンちゃんには「ダメだよ」「いけないよ」という風に伝わります。

 

 

ワンちゃんは、無視されるのがとても嫌いです。

 

これをすることによって、嫌われてしまったのではないかと思い、自分なりに考えるようになるのです。

 

笑顔を見せる、褒める、無視して背中を見せる、これらのボディランゲージを駆使して、上手にしつけを行っていきましょう!

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@kinko7519がシェアした投稿

 

 

 

初対面の時

 

 

「ワンちゃん、可愛いですね!」

 

お散歩をしていると、いろんな人と気軽に話せるようになったりしませんか?

 

愛犬のおかげでコミュニケーションの幅が広がることもあります。

 

 

せっかく可愛いと言ってくれたのですから、愛犬とも仲良くなってもらいたい!

 

そんな時に相手の方にやってもらいたいボディランゲージは・・・

 

『目を見ないで近づいてもらう』です!

 

これはワンちゃんにとっては「仲良くしよう」という意味になります♪

 

 

人は相手の目を見て話すのが基本ですが、犬社会では反対なのです。

 

ワンちゃんたちにとって、目を見て近づくという行為は獲物を捕らえるときにする行為なので、警戒してしまいます。

 

他にも、愛犬と初めましての人を会わせる時には、大きい声をだしたり、いきなり近づいたりすることは避けてもらうようにしましょう。

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ribon(@iribbonribbon)がシェアした投稿

 

 

 

サインを見逃さない

 

 

愛犬たちが意味を持ってしている仕草は、まだまだたくさんあります!

 

 

あなたは気持ちを落ち着かせたい時、深呼吸をしませんか?

 

深呼吸は呼吸を整え、精神を安定させる効果がありますよね。

 

また、安心して寝ている時やマッサージを受けている時、呼吸は深くゆっくりですよね。

 

それはワンちゃんにとっても同じなのです。

 

動物にとっては、息遣いも相手の気持ちを知るバロメーターになります。

 

愛犬に落ち着いてほしいのなら、まずは自分の呼吸を整えましょう。

 

そして「大丈夫だよ」という気持ちを伝えてあげましょう!

 

トリミングや家でのお手入れを苦手とする愛犬には、作業前や作業中にしてあげるといいでしょう♪

 

 

愛犬がしている仕草をよく観察して気持ちを汲み取ることはもちろんのこと、飼い主の気持ちもワンちゃんのやり方に合わせて伝えていきましょう!

 

このボディランゲージで通じ合えた時、あなたと愛犬の絆はより深いものになること間違いなしです♪

 

 

 

似合わせカット♪ ~ミニチュアシュナウザー編~
2021.11.12
似合わせカット♪~シーズー編~
2021.11.12
似合わせカット♪~アメリカン・コッカー・スパニエル編~
2021.11.12
にゃんこうっとり♪上手な耳マッサージのコツとは!
2021.11.11
過剰な愛が猫ちゃんを苦しめる!?分離不安とは
2021.11.11
冬を一番に感じ取れる動物は猫だった?! 冬の猫の特徴
2021.11.11
Quuun公式
Instagram
Quuun公式
Twitter

TOP