犬と一緒にフルーツを頬ばろう!ワンちゃんも大好きおすすめフルーツ!

犬と一緒にフルーツを頬ばろう!ワンちゃんも大好きおすすめフルーツ!

犬が食べられるフルーツは?一緒に楽しめるオススメフルーツをご紹介!

ワンちゃんが大好きなフルーツって??

 

もうすぐ季節は食欲の秋!

夏バテからも解放されて、どんどんお腹が減ってくる季節ではないでしょうか。

ワンちゃんもおやつを求めて飼い主さんに甘えてくるかもしれません。

 

そんな中でおやつにぴったりなのがフルーツなんです!

犬がフルーツを食べている印象があまりない方もいるかもしれませんが、

飼い主さんが注意してあげればワンちゃんにフルーツをあげても全然大丈夫なんです!

 

むしろワンちゃんの中にはフルーツが大好きな子達もたくさんいるので、

フルーツと犬に関する正しい知識を持って、愛犬と一緒にフルーツを頬張っちゃいましょう!!

 

今回はワンちゃんと一緒に食べるのにおすすめのフルーツに関してご紹介します。

 

 

View this post on Instagram

 

豆柴リリさん(@lily0316am)がシェアした投稿

 

犬はフルーツが好きなの?

 

結論から言えば、ワンちゃんたちもフルーツは美味しく食べることができます!

個体差はありますが犬によってはフルーツが大好きだという子もたくさんいますので、注意点さえ知っていればワンちゃんがフルーツを食べることに関しては問題ありません。

 

生物学的に言うとワンちゃんたちは果物に含まれる甘味成分の果糖、砂糖の甘味のショ糖といった甘い味をよく感じ取ることができ、且つ甘味自体を好む傾向があるそうです。

 

食事に関する犬の優先順位は

 

1.匂い

2.食感

3.味

4.見た目

 

となっており、果物が発する甘い香りや匂いは非常にワンちゃんにとって魅力的な要素であり、犬の嗜好にも合っていると言えるのです。

 

 

View this post on Instagram

 

@at.peace.kazがシェアした投稿

 

食べられるフルーツ

 

イチゴ

 

量の目安は体重が5kgのワンちゃんの場合、1個を半分に切ったくらいの量です。

いちごに含まれている「キシリトール」という成分を取りすぎるのは犬にとってよくありませんので注意が必要です。

 

 

View this post on Instagram

 

BlackKingさん(@chanbareking)がシェアした投稿

 

オレンジ

 

オレンジの周りについている白い筋や皮は消化に悪いので、取り除いてあげればワンちゃんも美味しく食べる事ができます。

 

 

View this post on Instagram

 

ちさとさん(@chirorian___)がシェアした投稿

 

 

ももは甘くてとっても美味しい果物ですが、カロリーが高いので食べ過ぎには注意しましょう!

種には青酸カリが含まれていて危険ですので、タネの除去は徹底をした上で食べさせてあげましょう。

 

 

皮やタネは取り除いてあげた上で、摂取量に注意すれば美味しく食べる事ができます。

 

 

View this post on Instagram

 

@junko5.7がシェアした投稿

 

ブルーベリー

 

ブルーベリーは甘酸っぱくて非常に美味しく、小さくてワンちゃんにもあげやすいフルーツですが、

大量に食べさせてしまうと消化器官に負担がかかってしまうので量に注意して与えましょう!

 

リンゴ

 

食物繊維も豊富で、腸内環境を整えてくれる作用があるので犬の健康にも良いフルーツです。

 

 

View this post on Instagram

 

BlackKingさん(@chanbareking)がシェアした投稿

 

キウイ

 

キウイはあまり栄養がないフルーツとされていますが、ワンちゃんが食べても問題はありません。

食べやすい大きさに切っておやつにしてあげましょう!

 

スイカ

 

スイカは甘さが強くワンちゃんも大好きなフルーツの1つですが、水分量が非常に多いのであげすぎには注意が必要です。

 

 

View this post on Instagram

 

バズさん(@buzz0704)がシェアした投稿

 

 

皮、芯、種をとって食べやすいように用意してあげましょう。

90%が水分でできており水分量が多くなりがちですので、調整しながら食べさせてあげましょう。

 

バナナ

 

バナナは非常に消化が良く、また非常に甘さが合ってワンちゃんの嗜好にも合っているフルーツですが、

カロリーが非常に高いためあげすぎには注意が必要です。

目安としては20gくらいを意識しておやつにしてあげましょう。

 

マンゴー

 

マンゴーは健康上特に問題はないのですが、アレルギーが出る可能性もありますので注意してあげるようにしましょう。

痒みや充血、下痢が見られた際にはアレルギーかもしれませんので、あげるのを控えましょう。

症状が酷い場合には動物病院に連れて行きましょう。

 

メロン

 

メロンは非常に甘味が強く、ワンちゃんも大好きなフルーツです。

食べやすいように切ってあげて、目安としては20gほどのおやつとして与えてあげましょう!

 

 

View this post on Instagram

 

oreo&bisuco_biscuitsさん(@oreo_to_niconicogurashi)がシェアした投稿

 

パイナップル

 

パイナップルは非常に水分量が多く、また繊維が硬いことで消化器官に負担がかかってしまうことがあるので、

あげすぎに注意しましょう。

 

 

ちょっと待った!ワンちゃんのNGフルーツ

 

ブドウやレーズン

 

玉ねぎと同様に犬には絶対あげてはいけない食べ物としてあげられます。

ブドウを食べてはいけないとされたのは最近にはなりますが、急性腎不全を引き起こした例が多数報告されているそうです。

 

急性腎不全の症状としては

・嘔吐する

・水をよく飲む

・尿が多く出る、あるいは出ない

・元気がなくなる

といった症状が見受けられ、最悪の場合死に至るそうです。

 

レーズンもブドウを天日干しや熱風によって乾燥させたものなので同様に危険です。

 

飼い主さんは手の届くところに置かないなど気をつけてください。

 

もし誤って食べさせてしまった場合や、症状が出て不安な場合は獣医さんに連れていってあげましょう。

 

ザクロ

 

ザクロの皮に含まれる有毒物質はワンちゃんの消化器以上を引き起こす恐れがありますので、食べさせないようにしましょう。

 

レモン、グレープフルーツ

 

レモンやグレープフルーツの皮には「ソラニン」という中毒物質が含まれており、これは嘔吐や下痢の原因になると言われています。

ワンちゃんに食べさせるのは控えた方が良い果物の1つとされています。

 

サクランボ

 

サクランボの葉、茎、タネには中毒物質が含まれていますので、レモンやグレープフルーツと同様食べるのを控えさせた方が良い果物です。

 

イチジク

 

イチジクの皮や葉にはソラレンやフィシンという中毒物質が含まれており、食べると嘔吐や大量の唾液といった口腔内の以上を引き起こす可能性がありますので注意が必要です。

 

ドライフルーツ

 

ドライフルーツは他の果物とは少し違うかもしれませんが、成分が凝縮されており食物繊維、ならびに糖分過多になってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

とっても美味しい果物たち、ワンちゃんにも分けてあげよう!!

 

自分がフルーツを食べているのを見るウルウルとした愛犬の目を見て、ついつい分け与えたくなっちゃう!

 

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ワンちゃんたちとシェアするフルーツはまた一段と美味しく感じますよね!

ワンちゃんとフルーツに関する正しい知識を身につけて、一緒に仲良く果物を頬張っちゃいましょう!

 

インスタグラムのハッシュタグで

 

#フルーツ犬

 

と検索するとフルーツとワンちゃんの可愛いコラボ写真もたくさん出てきますので、

ワンちゃんとフルーツを可愛く写真に撮って、あなたのコラボ写真もシェアしてみてはいかがでしょうか!

 

 

View this post on Instagram

 

@ymfuuunyanがシェアした投稿