OL愛犬家の方気をつけて!ワンちゃん達に起きやすいクーラー病について

OL愛犬家の方気をつけて!ワンちゃん達に起きやすいクーラー病について

意外と怖い??ワンちゃんに起きがちなクーラー病について

お仕事女性のあなた!!ワンちゃんのクーラー病に気をつけて!!

 

みなさんはワンちゃん達にもクーラー病なるものが発症するのをご存知でしょうか?

四季があり、気温・気候の変わりやすい日本では特にクーラーによる犬のための温度調節は注意しておく必要があります。

ワンちゃん達はいくら寒くても

「ちょっとリモコンどこ?温度上げてワン」とは言い出してくれません。

そのため飼い主さんがクーラー病についてよく理解し、注意しなければなりません。

 

今回はワンちゃん達とお家のクーラーについての注意点をご紹介します。

 

 

View this post on Instagram

 

LALA&RURUさん(@lalaruru_aguri0701)がシェアした投稿

 

クーラー病とは?

 

クーラー病とは、クーラーによって過度に身体が冷やされることにより、

冷えが抹消神経から全身に広がって自律神経の乱れや体調不良を引き起こすことを指します。

 

人間でもよくクーラーのいる場所に長時間いて気分が悪くなったという方もいるかと思いますが、

ワンちゃん達もクーラーの冷気に長時間当たり続けることで体調不良を起こす場合があるのです。

 

ワンちゃんたちの為に一緒にいない日中を含めて毎日クーラーをつけているという方は多いかと思います。

夏の暑い時期にはもちろん熱中症対策としてクーラーをつけておく事は大切です。

 

しかし、暖気は上に溜まりやすく冷気は下に溜まりやすい性質から、

人が感じる温度と、より低い位置にいるワンちゃん達が感じる温度には違いがあります。

ワンちゃんの様子を確認せずに自分の基準で温度を設定してしまう事で、ワンちゃんが体調不良を引き起こしてしまう事があるのです。

 

 

 

クーラー病の症状

 

咳やくしゃみを何度も繰り返す

 

「カッカッカッ」という咳を繰り返していたら注意してみてください。

咳やくしゃみは人間と同じでワンちゃんの風邪や呼吸器以上のサインになります。

 

抹消の冷え

 

体の中心にある臓器を冷えから守ろうとするため、血液が頭や内臓に集中する為、

どんどんと末梢部位の温度も下がっていきます。

人間は手足の冷えを感じたら防寒着を着ることもできますが、ワンちゃん達には訴えることもできないので

飼い主の注意が必要です。

 

下痢、嘔吐

 

下痢や嘔吐は体調不良として分かりやすいので、食事や散歩時の挙動に問題がない場合には、

室温管理を気にしてみると良いかもしれません。

 

その他にもクーラーによる体温低下によって、

・関節痛

・食欲不振

が起こる場合もあるそうです。

 

 

クーラー病の原因とは?

 

犬がクーラー病を引き起こす原因として

 

・身体の温度低下

・室内の乾燥

・温度差による自律神経の乱れ

が挙げられます。

 

上述のように、ワンちゃん達と人間が感じる温度は違います。

また、人間にとっての適温が人によって違う様にワンちゃん達にとっての適温も違います。

 

ワンちゃん達は身体が毛で覆われている分、その犬種や毛量によっても適温が変わってきます。

「人間の適温がだいたいこのくらいだから同じでいいだろう」

と決めつけるのではなく、自身が飼っている犬の適温が何度なのか、

ネットにて検索をした上で、その季節や日にあった温度設定を心がける必要があります。

 

また、日頃散歩で外に出掛ける事もあるワンちゃんですので、

室内と室外の気温差によって自律神経が乱れてしまう事もあります。

 

散歩を行う前に、外の気温に合わせて少し室温を上げてから外に出たり、

クーラーを止めて窓を開け、外気に慣らしてから散歩を開始するといった気遣いも良いでしょう。

 

 

クーラー病を予防するには?

 

扇風機を使う

 

原始的に聞こえますが、意外と効果があるんです。

扇風機は室内の空気を循環させることができ、またワンちゃんも自身が感じる寒さ、暑さによって移動できるので、

ワンちゃんの身体の冷えすぎを防ぐ事ができます。

 

温度を調整する

 

日本の猛暑を乗り越えるにはクーラーは必需品と言えます!

しかし、クーラーに頼りすぎてしまうと人間どころか愛犬まで体調を崩してしまうので、

飼い主さんはギンギンにクーラーで冷やしたくても、愛犬のことを考えて温度を調整してあげてください。

ワンちゃんによって適切な温度は違いますので、自分の犬種の適切な温度を調べてみると良いでしょう。

 

 

新鮮な水をたっぷり用意すること

 

クーラーの仕様は室内を乾燥させてしまいますので、ワンちゃんの喉をケアする為、

加えて熱中症対策としてもお水はたっぷりと飲ませてあげる様にしましょう。

 

ハウスケージの位置を変える

 

少しの一工夫でできちゃうので実践しやすいです。

冷気が直撃する様な場所にある際には移動してあげましょう。

 

 

 

ワンちゃんのクーラー病を侮るべからず!!

 

もしも自分が冷えっ冷えにクーラーが効いた部屋に何ヶ月も入れらたら、、、と想像してみてください!

それだけで鳥肌が立ってしまいますし、体調が悪くなるのは容易に想像ができますよね。

 

ワンちゃんと人間では生息している高さが違うので、冷気と暖気の位置関係としても

特にワンちゃんは人間より寒さを感じやすくなっているのです。

 

「適温ならいいんでしょ!!28度ね!!」

と人間の感覚で温度を設定するのではなく、

自分の犬種、特には体毛の種類も気にしながら適温を調べてみて、

時期や日によってクーラーの温度を適切に管理しておきましょう!

 

ワンちゃんがきっと元気にあなたの仕事帰りを迎えてくれますよ!

 

 

View this post on Instagram

 

白✱mashiroさん(@mashiro_madoka12)がシェアした投稿